大阪市民葬祭 > お知らせ

御葬式は、費用の掛け方に寄っては限りなく掛かってしまいます。節約するポイントとなりますのが、祭壇料・料理・生花・謝礼・施設使用料になります。節約される事に気が引ける方もいらっしゃるかと思います。大切な事は、生前に精一杯の事をされ無理の無い供養を続けていくことだと思います。御葬式は、豪華にされ残された方のために行う儀式でもありますが質素にされ想いを形にする御葬式も心に残る儀式にもなるかと思います。費用の多寡では無く御家族の御希望を御聞きし御葬式のサポートをさせて頂きます。

大阪市民葬祭では、創業以来88,000円~の御葬式を行っています。御連絡を頂きましたら病院・警察署・ホームなどへ搬送車にて御迎えに上がります。その後、お預かり安置をさせて頂いています。保全のためにドライアイス等の費用が7,500円となります。24時間が経っていて役場手続きが完了している場合は安置をせず直接火葬場へ霊柩車で向かう事が出来ますので保全料は掛からず税込95,040円となります。ご不明な点は御連絡下さい。

大阪市民葬祭に寄せられます御相談事の例を御紹介致します。御布施が高額で困っています。どうしたら良いのでしょうか?近年、葬儀費より高額になっている場合があると耳にします。本来、御寺に貢献された度合いに合わせて生前に授かるべき御戒名が現在では、御布施に合わせた額でランク分けされているようです。御事情を御話される事で御負担ない御布施になります。御相談を御勧め致します。細く長いお付き合いをされる事が御供養にもなります。また、共感頂いている全国の僧侶様が3万~10万円で御利用頂くこともできます。 お困りの御家族には、通夜・告別読経・御戒名授かりを10万円で、お願いできる御僧侶様を御紹介致します。御参考にしてください。

大阪市民葬祭に寄せられます御質問への御解答例を御紹介させて頂きます。斎場での御葬式・火葬場での御葬式と葬儀社のホールでの御葬式は、何が違うのですか?まず、市運営の火葬場や隣接式場での御葬式では、市民のための施設として行政にて建てられた建物ですので低料金にて御利用出来ます。通夜→告別式→火葬(荼毘)などの全ての行事が1ヶ所で行えれるためスムーズで、移動バスや高級霊柩車も必要なく総額費用が抑える事が出来ます。 詳細については、御相談頂きましたら無料にて御話をさせて頂いています。

大阪市民葬祭では、大阪市での御葬儀御手伝いをさせて頂いています。多い御質問の中に、斎場式場は、予約でいっぱいと言われましたが利用出来るのですか?と御相談がございます。市外の方も御利用出来ますし、公営式場は、皆様市民のために存在します。予約でいっぱいになる事はありません。ですが、御待ち頂く事は時期に寄ってあります。ご不明な点や不安な事があれば御連絡下さい。

過去の5件