大阪市民葬祭 > 2018年 > 10月

中和市民葬祭(0120ー49ー9699)が所在する橿原市をはじめとする中和地区ではまだまだ火葬式、直葬式というものには馴染みが薄いようです。先日も市役所へ出向いて担当者にお話をお伺いしたところ「火葬式は年に一件あるかないかです。」ということでした。しかし全国的に見ますと火葬式はの比率は年々増えております。橿原市での火葬式をお考えの方は中和市民葬祭(0120ー49ー9699)までお気軽にお問い合わせください。

中和市民葬祭(0120ー49ー9699)では、最近橿原市でのお問い合わせが増えている自宅での家族葬にも柔軟に対応致します。家族葬といっても橿原市のみなさんは、「出来るだけ近所に分からないように執り行って欲しい」というご要望が多いです。この辺りも以前の家族葬の形とは違った要望です。橿原市では一戸建て住宅が多いですので状況に応じて様々な対応が可能です。お気軽に中和市民葬祭(0120ー49ー9699)にお問い合わせください。24時間体制で承ります。

中和市民葬祭(0120ー49ー9699)が所在する橿原市では伝統的な葬儀スタイルとして自宅葬儀があります。しかしここ数年は大手葬儀会社の進出でホールでの家族葬が主流になってきました。この流れは橿原市に限った話ではありません。しかしここにきて再び自宅葬儀を行う方が増えているようです。以前と違うのは。「自宅で家族葬をささやかに行いたい」というご要望です。橿原市での自宅家族葬は中和市民葬祭(0120ー49ー9699)にご相談ください。

わたしども中和市民葬祭(0120ー49ー9699)の所在する橿原市を始め大和高田市、桜井市等は「葬式しきたり」の歴史ともいえる地域です。
今から遡ること千数百年前、橿原市、大和高田市を中心とする大和の国での「葬式のしきたり」すなわち王とともに生きたまま葬られる家臣の制度に異議を唱えるため野見宿禰公は新しい「葬式のしきたり」を考えました。それは王が死亡した際に一緒に葬られる家臣にかわって「埴輪」すなわちいまで言う「人形を一緒に葬ろう」という革新的な「葬式のしきたり」を提案したのです。もちろん天皇の信頼の厚い宿禰公の提案は採用されここに葬式の歴史は大きく変わりました。

中和市民葬祭(0120ー49ー9699)の所在する橿原市をはじめとする中和地区には古くからの葬儀のしきたりがあります。そのなかには時代の流れにそぐわない前近代的なものや不合理な習慣やしきたりもあるものです。そういった「葬儀の矛盾」の存在は今も昔も変わらないようです。
朝廷の役人から当時の「葬儀しきたり」について聞かされた野見宿禰公は「これはなんとかしなくてはならない」と思い、至急対策を案じました。
力が強いだけでなく、相当に頭のいい人だったのでしょう。天皇に進言するに価する代案を考えついたのでした。

 

過去の5件