大阪市民葬祭 > お知らせ > 葬儀橿原市

中和市民葬祭(0120ー49ー9699)が所在する橿原市における葬儀の逸話を続けます。
第7代垂仁天皇は当時大和高田市近くの当麻で猛威を振るっていた蹴速のことが余程目ざわりだったのでしょう、彼が居なくなったことを大変喜び、退治してくれた宿禰公を朝廷の重役に任命しました。
腕力が強い上に政治的な力も持ち、さらに天皇の寵愛もうけるという最強の立場にたった宿禰公に当時の役人たちはこうもちかけたはずです「後存じないかと思いますがもしもこの先天皇が亡くなってしまうと葬儀の儀式として我々朝廷の役人は全員生き埋めになります。どうにかならないでしょうか」と「そんなバカな習慣があるのか」おそらく宿禰公はびっくりしたことでしょう。