大阪市民葬祭 > お知らせ > 多死社会中和

団塊の世代が80歳を迎えるのはあと10年先の2030年前後と言われています。この時期になればわたしども中和市民葬祭(0120ー49ー9699)の所在地区、中和地区、橿原市、大和高田市、香芝市なども例外ではありません。「葬送の仕事師たち」によりますと、2040年には全国で現在の30%増の志望者が予想されており、葬儀の簡素化が今後も早急に進むことが考えられるとのことです。奈良県中南和地区はまだまだ隣組での葬儀が中心ですが、こうした時代の流れを反映することも次第に必要となってくるでしょう。