大阪市民葬祭 > お知らせ > 予防寿命

国の「健康寿命を延ばそう」というスローガンを身近に感じるために「ピンピンころり」と言い換えている、という話をしましたが国がこのような方針を打ち出す裏には医療費をはじめとする社会保障費用を抑えたいということだと思います。この方針のもと全国で「治療よりも予防」という動きが高まっているのは大変興味深い話です。とかく人間は予防にはお金を使わない。悪くなってから治療にはしっかりお金をかける。という習慣が身に付いているようで予防の意識はなかなか浸透しないようです。